特別動画講座   
19,800円/税込
(18,000円/税抜)

「早くしなさい!」って、つい出ていませんか??


一日の中で「早く!!」と、

何回子どもを急かしていますか?


でも「早く」と言っても言っても
早くはならないし、聴いてない!!


だんだんイライラしてきて

「早くしないさい!」の声が大きくなる・・・。


実は、「早くしなさい!」と言えば言うほど逆効果!!



毎日、言い続けても効果があるどころか


もっと遅くなって行く可能性すらあります。


そして、

ますます声を荒げることになるという悪循環。


ママがイライラして毎日声を荒げれば


子どもの自己肯定感はどんどん下がって行きます。


そして、子どもは自分で考えて行動しなくなり、

ママが毎回、子どもに指示命令をし続けなくてはならなくなります。



そんなことは望んでいることではないですよね。



できれば子どもが自分で考えて動いて欲しいですよね。



そのためには「心の使い方」を学ぶ必要があります。




気づけば子どもに
いつも同じことを言ってませんか?



「心」とは

人の感情・意志・理性などの精神活動を司るところであり、
私たちの思考や行動に大きく影響を与えるものです。


「心」によって、
思考が変わり、感情が変わり、行動が変わります。


「心の使い方」が人生の質を決めると言っても過言ではありません。



しかし、私たちは
「心の使い方」を学校教育の中で教えてもらうことなく大人になっています。


多くの方は、
心を意識して使っておらず、無意識の自動操縦で、
「心の使い方」がパターン化しているのではないでしょうか。


「心の使い方」が無意識の自動操縦になっていると、


「もう、子どもに怒りたくない」
「大きな声を出したくない」
と思っても


気づけば同じことの繰り返しになってしまうのです。


今回の講座は、

“繰り返し子どもに怒ったり大きな声を出すことなく

子どもが自らの思考で動き出すようになってくれたら…”

と願っているママには絶対にお届けしたい動画講座です。


イライラしてしまう 怒ってしまう・・・
それは、あなたがいけないのではないのです



心の使い方の中で
とても重要なのが

「自分に対する無意識の自己評価」

これを心理学ではセルフイメージといいます。



このセルフイメージによって、
私たちの思考・行動・感情が変わってきます。

 

 

 「心の使い方」とは、

“いかに自分を幸せにするセルフイメージができるか?”

ということなのです。

 

 

  • 私はなにやってもダメ

  • なんて私は馬鹿なんだろう

  • どうせわかってもらえない

  • 私がいけない、間違ってる

  • ありのままでは自分に価値がない

  • 私は頑張っても役に立てない

  • 私の意見は聞いてもらえない

  • どうせ私はうまく行かない

 

 

このような自分に対しての自己評価が低いと、セルフイメージは低くなり

無意識に言葉、思考、行動、感情はネガティブなものになります。


目の前の現実はセルフイメージ通りなのです。

 

 

もし、今ネガティブな現実があったとしたら

それはネガティブなセルフイメージのせいかもしれません。

 

 

セルフイメージは

あなたの人生を

あなたらしく生きるための

重要な「鍵」であることは間違いありません。

 

 

セルフイメージは

仕事、収入、人間関係、健康など、人生のあらゆるところで影響を与えています。


 

もちろん、子育てにも大きく影響を与えます。



子育てに影響するということは、
あなたのセルフイメージによって 子どもへの関わり方、言葉が変わり

  

それによって
子どものセルフイメージが作られるということです。



ネガティブなセルフイメージは
ネガティブな関わりになり

ネガティブなセルフイメージを子どもの心に作ります。



 

毎日、イライラしてしまう、怒ってしまうのもあなたがいけないのではなく

このセルフイメージの影響。

 

子どもが悩ましいことをするのもセルフイメージの影響です。

 


セルフイメージが変わると、子育ては間違いなく変わります。

そして、

あなたと子どもの人生も変わっていきます。

“もう子供に怒りたくない・・・”
怒る悪循環から解放される「心の使い方」


そして、ネガティブなセルフイメ―ジは

「怒りの悪循環」を生み出してしまうかもしれません。

 

 

子どもを怒れば怒るほど

「怒る」「怒られる」セルフイメ―ジが作られ、




セルフイメージ通りにママは怒り続け

子どもは怒られ続けることになってしまいます。

 

 

怒り続けることで、怒ることに依存し

「怒る悪循環」にはまっているのかもしれないのです。

 


この悪循環を止めるにも

「心」を知り

「心の使い方」を学ぶ必要があります。

 

 

 

この動画で「心」を理解し、「心の使い方」をマスターするとママのセルフイメージが変わります




ママのセルフイメージが変われば、

子育てはもっと楽に、楽しいものになります!

 

 

「心の使い方」の学びは、ママも子どもも


自己肯定感を高め


本来持っている力を引き出し


可能性を広げる


一生もののメソッドです。


特別動画講座を少しだけダイジェストでお見せします

どんな動画講座か気になる方へ、ダイジェスト動画を少しお見せします。
個性教育学 特別動画講座

「早くしなさい!」よりも、もっと楽に、楽しく子どもが自分から動き出す 心の使い方動画講座《ダイジェスト版》
 

動画講座の感想①
八田瑞代さん

私は、この動画は『今の自分から変わりたい』と思っているお母さんにオススメしたいです。 私自身もそう思っている一人だからです。

動画の中に『どんなセルフイメージを持つかで、無意識にその通りの自分になっていく』と言っていたことがとても引っかかりました。

私のセルフイメージは『できない人』なんです。

本当に何をやる時も自信がなくて、なかなかやれなかったんです。
そして、自信のない息子にも腹を立てていたし、そんな私自身もイヤで、変わりたかったんです。
だけど、『できない私。でも、私は愛されてる』っていう言葉に癒されました。

こう思うことで、今みたいに落ち込む私から、『できない自分がいてもいい』に変わっていけるように思いました。
まずは私のセルフイメージから変えていきたいと思います。

動画講座の感想②
西田こずゑさん

動画講座の感想③
本田さちさん

動画講座をオススメする理由
1
  1. 今のお悩み解決だけではなく、一生使えるメソッド

    表面的な対処療法ではなく、「心の使い方」を
    知ることで

    子育てや人生においての全ての悩みや問題を解決してくれる
    一生使えるメソッドをお伝えしています。

    このメソッドを使えば、

    これからの人生の悩みは減り、幸福度が高まります。


  2. あなたの変化を伴走します

    新しいことを学んでも1日では残念ながら変われません。
    やはり、続けることも必要です。
    人が変化するのに必要な時間は21日と言われています。
    3週間意識して取り組むと、
    新しい考え方が身につき、行動、心が変わって行きます。

    動画講座は、
    1か月間、毎週メール講座をお送りし、変化をサポートして行きます。
    さらに、
    1日1つずつ取り組める21のワークブックもあるので、ダブルで変化を伴走していきます。


  3. 効率よく学べ、繰り返し学べる 

    今のお悩み解決だけではなく、一生使えるメソッドを3時間にギュッとまとめています。

    動画講座は、限られた時間の中で、効率良く、大事なポイントを学びたい方にオススメです。
    また、
    家事をしながら内容を繰り返し聴くことで、しっかり自分に落とし込めます。

    一度聴くだけでなく、できたら何度でも観て、聴いて欲しい動画講座


    なぜなら、
    視聴するタイミング、心の状態によって、感じること、気づくことが違って来ます。

    最初は気づかなかったことが、心の成長と共に気づいたり、より深く理解できるようになります。

    毎日少しずつ聴いて、ワークに取り組んだ後は、ぜひ繰り返し視聴してみてください。
こんな方にオススメ
2
  • 「早くしなさい!」ともう言いたくない

  • 子どもに怒って罪悪感、自己否定感を感じている

  • 子どもの自己肯定感を下げているかもしれないという不安

  • 言わなくっても、子ども自ら動いて欲しい

  • 毎日余裕がなくてすぐにイライラしてしまう

  • 子どものダメな点ばかり目が行ってしまう

  • 怒りだすと止められない

  • こんな自分を変えたいのに変えられず、気づいたときには怒っている

  • 「何回言えばわかるの?」という言葉を繰り返している
効 果
3
  • 自分から宿題や学校の用意をするようになる

  • 身支度や食事など時間通りに終えられるようになる

  • 「これしなさい」「あれしなさい」を指示しなくても自分で考えて動けるようになる

  • ママのイライラがなくなる

  • 子どももママも自己肯定感が上がる

  • 他の⼦と⽐較せず、⼦どもを認められるようになる

  • ⼦どもの自信が高まる

  • 子どもの個性を育める

  • 子育ての自信が高まる

  • 子どももママも笑顔が増え、子育てがもっと楽しくなる

   特別動画講座   
19,800円/税込
(18,000円/税抜)

個性教育学 特別動画講座

「早くしなさい!」よりも、
もっと楽に、楽しく子どもが自分から動き出す 心の使い方動画講座
 

動画の内容



1.「早くしなさい!」と言うのは逆効果!言えば言うほど効果がない?!



1)なぜ、何度言っても子どもに伝わらないのか?
   
この3つの原因を知れば、
「早くしなさい」と言わなくても
子どもは自ら動き出す。

 

2)子育ての悩みがなくなる心の使い方

思考や行動に影響を与える「心」、

悩みの原因は「心の使い方」にあります。

「心」の特徴を知り、使い方を学ぶことで

子どもへの関わり方、言葉がけが自然と変わって行きます。



3)心の使い方①

「イライラすればするほど、
子どもはもっとイライラさせることをする」
ママの心の使い方で子どもの行動がすぐ変わる



4)心の使い方②
 
「わかっているのに変われない、やめられない心」
変わることを止めている、心の奥にある本当の気持ちに気づこう
 

  
5)心の使い方③

「怒ることへの依存と悪循環の仕組み」
怒りの源



6)心の使い方④
 
「子どもの可能性を閉じる言葉の呪縛!
ママの言葉が子どもの人生を決める」
ママの言葉をチェック!
幸せに生きる鍵「セルフイメージ」を作るために

 

7)心の使い方⑤
 
「心の使い方を間違えると、怒られる子はいつも怒られ、
勉強できない子はずっとできなくなる?!」
一度できたネガティブなセルフイメージは
一生変わらずネガティブな現実が起こり続ける




2.「早くしなさい!」よりも、楽に、楽しく
子どもが自分から動き出す心の使い方実践編



1) 怒りの源の原因は「心の中の台本」
  
子育ての悩みとなる台本の存在気づこう



2) あなたの台本のルーツである傷ついた心を癒そう

子どもの頃の傷ついた心が、あなたを悩ませる台本を作っている



3) 子どもを変える前に、ママのセルフイメージを変えよう!
   
セルフイメージチェック!無意識にしている自己評価に気づく



4) ママのセルフイメージが変わると子どもへの言葉がけが変わる

ママのネガティブなセルフイメージを手放そう



5) なりたいセルフイメージを手に入れる
今すぐセルフイメージは変えられる



6)セルフイメ―ジが高い人と低い人の違い
自分軸でセルフイメージを上げる



7)持って生まれた才能を活かすとセルフイメージが上がる
ポジティブなセルフイメージを作る言葉がけ



8)内側からのやる気を引き出す言葉がけ
褒めるだけではやる気はでません!
内側からのやる気を引き出す3つの要素



  
3.怒らなくても伝わる!個性にあった伝え方
 

1)伝わらないのはママと子どもの個性が違うから
 
個性が違えば、好む言葉、伝え方が違います


 
2)才能タイプ別の伝え方
 
ママの才能タイプ、子どもの才能タイプの違いを知って
伝え方を変えてみる


 
3)「早くしなさい!」で伝わる子と伝わらない子
    
言葉で伝えるだけが伝え方ではありません

子どもの知性タイプに合わせて、
伝え方の工夫をすると伝わるようになります

心が変わる!行動が変わる!21 のワークブックと
“セルフイメージ書き換え”メール講座もお届けします

今回の動画講座にお申込みの方には、もれなく“21個のワーク”が掲載されているワークブックもお届けします。
(ワークブックはダウンロードテキストです)


人の思考や行動が変わるには、3 週間かかると言われています。


21 個のワークを毎日1つずつ取り組むことによって、あなたは自然に、そして確実に変化することができます。

 

また週に一度の《メール講座》で 1 か月間、あなたの変化をサポートします!

《メール講座の内容》
“ママと子ともの自己肯定感が上がる!セルフイメージ書き換えメール講座”

1.人生に一番影響を与えるセルフイメージ
 収入、成績、恋愛、働き方、能力、性格など生き方、人生はすべてセルフイメージ通り! 望まない現実はネガティブなセルフイメージが原因

2.セルフイメージとセルフトークの関係
 セルフイメージを作っているのは心の中の無意識の言葉  

3.見せかけのセルフイメージが本当の自分を見失わせる    
 見せかけのセルフイメージが邪魔して自分では見つけられない本当の自分  

4.セルフイメージと自己肯定感
 セルフイメージが変わると自己肯定感は自然と上がる  

5.セルフイメージを変える鍵は過去と未来にある
 今の自分を変えようとしても変わらない!    
 過去の自分と向き合い、未来の新しい自分と出会う

※以下の『動画講座の進め方』もご覧ください。

 動画講座の進め方

  • ① 動画を視聴する

    動画にアクセスできるURLをメールでお送りします。
    URLにアクセスして動画をご視聴ください。

    あわせて 21個のワークで実践できる“ワークブック” もメールでお送りしますので、ダウンロードしてください。


  • ② 1か月間のメール講座(週1回配信)で実践し身につける

    動画のフォローアップ解説と心の使い方の実践ワークを含む“メール講座”を週1回お届けします。
    動画を観るだけでなく、“メール講座” と “21のワークブック” で理解を深めながら実践ができるよう、変化をサポートしフォローして行きます。


  • ③ 繰り返し動画を視聴する

    何度でもご自身のペースで繰り返し動画を観ることができるのが、動画講座のメリットです。
    忙しいママも、スキマ時間に繰り返し視聴してセルフチェックしながら身につけていけます。

  • ① 動画を視聴する

    動画にアクセスできるURLをメールでお送りします。
    URLにアクセスして動画をご視聴ください。

    あわせて 21個のワークで実践できる“ワークブック” もメールでお送りしますので、ダウンロードしてください。


【個性教育学の考え方】子育てはもっと気楽に楽しめる!

子育てにおいては、“自分を理解すること”が実は重要なんです。

そして、⾃分を理解するための⼤事なポイントの1つ⽬が「才能」です。
「才能」とは、⼈が本来持っている強みの種のこと。

「どうして、何度⾔ってもわからないんだろう・・・」
「なんでそんなことするんだろう・・・」

⼦どもに対して、そう思うことはありませんか?

実はこれはママと⼦どもの「才能」のミスマッチから起きていることがほとんどです。

才能を伸ばすには「タイプ」に合った⾔葉がけや関わりが⼤切なのですが、ママと⼦どもの「才能」がミスマッチしていると、ママのタイプを押し付けてしまい、⼦どもの「才能」を埋もれさせてしまうこともあるんです。

わたしたちは、多くのママに、独自の教材を使った「個性教育学」を提供してきました。学んでいただいた多くのママは、イライラが激減したり、⼦どもの主体性を引き出すことができるようになりました。

その結果、⾃宅で遊ぶように⼦どもの才能を引き出し、楽しく子育てをすることに成功しています。

それは、無意識に使っていた才能を視覚化することで⾒つけやすくし、どのように活かしていけば良いかがわかるようになるからなんです。

⾃分の才能に気づくと・・・

ありのままの⾃分にこそ、才能・強みがあると実感できる

そのままで認められ、愛される価値のある存在である


というセルフイメージの⼟台を育むことができます。

さらに、ママ⾃⾝が⾃分の才能に気づくことで輝きだし、その笑顔をみて⼦どもも幸福感を感じるという好循環も⽣まれるのです。


今回、子どもに「早くしなさい!」と繰り返し言っても、子どもはぜんぜん早く動いてくれないという多くのママの悩みを解消するために、動画講座【「早くしなさい!」よりも、もっと楽に、楽しく子どもが自分から動き出す 心の使い方】をご用意いたしました。


この動画は、多くのママに学んでいただいた実績を持つ『個性教育学』より提供する動画講座です。

笑顔で子育てができ、子どもと一緒に才能が輝く幸福の好循環を手に入れる一歩を手にしませんか?

個性教育学の学びを日常に取り入れている方の声をご紹介します

周りと⽐べずにはいられなかったけれど、
⼦どもの個性を活かすサポートがしたいと思えるように!

Cさま(4歳・2歳⼥の⼦のママ)

同じ年齢の⼦と⽐べて、娘のできない部分が気になって仕⽅がなかったです。また、私は⼦どもの頃から負けず嫌いで⼏帳⾯だったのに、どうして娘は負けても平気で何でも⼤雑把なんだろう・・・と⽐較してイライラ。
頭では⽐べるのはおかしいとわかっていても、どうしても⽐べずにはいられませんでした。

結果だけ⾒て⼀喜⼀憂していたが、毎⽇たくさんの知性を使って⼀⽣懸命⽣きている娘に気づくことができ、⾏動をサポートすることができるように。
⾃分から「私、今⽇○○の才能使った!」と⾃分から⾔うようになり、⾃信がついてきたようです。個性を抑えず、娘の幸せを願ってサポートしたいと考えが変わりました!

VOICE

お⺟さんは笑顔でいるだけでいい。
「今」を⼤切にする⽣き⽅にシフトできました!

Eさま(4年⽣男の⼦ママ)

⼦どもはお⺟さんが笑っている⽅がいいし、⾃分を⼀番にすることが⼤事と、頭では理解しても、実感がわかず…。
⺟親とは、⾟くて、苦しくて、喜びは少しだと思い、⾃分を犠牲にすることで、⼦どもたちの世話をしている状態でした。また⼦どもを⽴派に育てなくてはというプレッシャーと、私なんかが⺟親でいいのだろうかという不安なまま⼦育てをしていました。

どんな私でもいいんだと思えるように。
そして、講師の⽅や仲間から認められたことで涙するくらい⾃⼰肯定できました。今では、毎⽇を楽しく過ごせるようになり、⼦どものいいところをみつけて伸ばそうとするようになっています。
また、⾃分の好きなこともして、充実した時間をもち、限られた⼦どもたちとの時間を楽しむ「今」を⼤切にする⽣き⽅にシフトできました。

VOICE

息⼦の良さがわかって「何倍も愛してあげたい!」と思えるように!

清⽔玲奈さま(7歳男の⼦のママ)

息⼦が学校で、みんなについていけていないように感じていて、成績が悪く、家で遊んでばかりで勉強していない息⼦に、冷たくひどい⾔葉しか掛けられなくなっていました。

今まで理解できずにいた息⼦のことが、⼦どもと私の才能や知性を知ることで、息⼦の良さを再認識することができました。今まで⾃分の枠に当てはめ、息⼦の⾏動を認めず可哀想なことをしてしまったと、今では思います。
その分、これから何倍も愛して、息⼦の好きなことをたくさん経験させてあげます!

VOICE

やる気の⼊れ⽅がわかった!⾃分が気楽になると、⼦どもも輝く!

北平純⼦さま(2年⽣⼥の⼦のママ)

2年⽣の⻑⼥に恐怖と劣等感で宿題もやらせる毎⽇。
「早くしなさい」「やりなさい」とは⾔いたくないけど⾔ってしまうのが嫌でどうにかしたいと思っていた。

恐怖や罪悪感で動かそうとしても余計やらなくなることがわかり実践。⼦どもが「どういう気持ち」だとやる気になるのかがわかって気が楽になりました。
個性教育学で⼤切にしている「⾔葉の⼒」と「イメージ⼒」は⼦どもだけではなく⾃分⾃⾝を輝かせてくれる。お⺟さんが楽しそうだと、⼦供も楽しくなることを実感しています!

VOICE

涙の毎⽇からワクワクの毎⽇へ。⾃分のことが好きになりました!

宮本ゆかりさま(2年⽣男の⼦のママ)

⽣後6ヶ⽉でアトピーと診断された息⼦。アトピーが少しでも改善するようにと情報をかき集め、⽣活は息⼦中⼼。
来る⽇も来る⽇も真っ⾚な肌で掻きむしる息⼦を⽬の前にして⾃分を責める毎⽇が続いていました。

「〜べき」という考えから解放され、⼦どもの可能性を信じようと思えるようになりました。すると、⼦どもは性格も明るくなり友だちとも⾃ら溶け込むことができるように!
さらに、私の気持ちも「アトピーでも⾷物アレルギーでもいいじゃない。それが息⼦なんだからちゃんと治るよって思えばいつかきっと治るんだよ」という柔らかい想いに。
⼈⽣のしがらみからも解放しされ、⾃分の事を好きにもなりました。

VOICE

お⺟さんは笑顔でいるだけでいい。
「今」を⼤切にする⽣き⽅にシフトできました!

Eさま(4年⽣男の⼦ママ)

⼦どもはお⺟さんが笑っている⽅がいいし、⾃分を⼀番にすることが⼤事と、頭では理解しても、実感がわかず…。
⺟親とは、⾟くて、苦しくて、喜びは少しだと思い、⾃分を犠牲にすることで、⼦どもたちの世話をしている状態でした。また⼦どもを⽴派に育てなくてはというプレッシャーと、私なんかが⺟親でいいのだろうかという不安なまま⼦育てをしていました。

どんな私でもいいんだと思えるように。
そして、講師の⽅や仲間から認められたことで涙するくらい⾃⼰肯定できました。今では、毎⽇を楽しく過ごせるようになり、⼦どものいいところをみつけて伸ばそうとするようになっています。
また、⾃分の好きなこともして、充実した時間をもち、限られた⼦どもたちとの時間を楽しむ「今」を⼤切にする⽣き⽅にシフトできました。

VOICE

   特別動画講座   
19,800円/税込
(18,000円/税抜)

私のことも、子どものことも、もっと好きになれる!
ママのセルフイメージが子育てを変える

はじめまして。このページをご覧くださりありがとうございます!

私たちは、個性教育学カレッジという学びの場を開催しており、親⼦で潜在能⼒を伸ばすメソッドをお伝えしています。


最近、個性教育学を学びにきてくださる⽅が抱えているお悩みに、ママ⾃⾝が「⾃分のことが好きではない」「⾃⼰肯定感が低い」というものが増えてきています。

お話を伺っていくと、⾃分のことは好きでいたいし、⾃⼰肯定感が⾼くなりたいけれども、「こうありたい」という理想の⾃分とのギャップがママを苦しめているように感じます。


特に最近は、メディアや学校でも「⾃⼰肯定感」という主題が取り扱われるようになったので、どうしても「⾃⼰肯定感が低い⾃分」「前向きに考えられない⾃分」ばかりが気になってしまうのかもしれませんね…。


実は、この⾃⼰肯定感に⼤きく影響しているのがセルフイメージ。


ネガティブなセルフイメージを持っていると、その通りの現実が起こり本来の能⼒が発揮できず、⾃信を無くしてしまう…という悪循環が起こってしまうのです。


セルフイメージは、過去によく言われたこと、経験したことによって作られます。
たとえば「あなたは他の子よりも、勉強ができないわね」と親からよく言われていたとします。
そうすると「私は他の子よりも劣っている」という比較による劣等感のセルフイメージが作られます。
そして私たちはそのセルフイメージ通りに無意識に行動したり、考えたりします。


そしてママのセルフイメージは子育てにも影響します。


「人よりも劣っている」という劣等感のセルフイメージを持っていたとすると、子どもを無意識に他の子どもと比較をして、できない点、劣っている点を見つけては「自分はダメなママだ」「他のママのようにちゃんと子育てできない」と自分を責めてしまいます。

子どもにも「どうしてみんなと同じようにできないの?!」と責め、子どもにも「比較による劣等感」のセルフイメージが作られて行くのです。


そんな “ママと子どもの可能性を閉じる” セルフイメージを持ってしまっていたとしても心配はいりません。


それは誰でも、いつからでも変えることができます!



⼦どももママも幸せな⼦育ては、まずはママが⾃⾝のセルフイメージも含め、⾃分のことを「よく理解する」ことから始まります。


今回の動画講座でも、ママに多くの気づきを得ていただけるはずです。

ママの子育ての悩みが一つでも無くなり、子どもの健やかな成長をともに楽しめる一助になれば幸いです。


講師プロフィール

一般社団法人子ども未来がっこう代表理事
株式会社ミュゼ代表
個性教育学開発者
齋藤直美


心理学、脳科学、潜在意識の特性を活かしたオリジナル研修プログラムを展開し、大手企業、官公庁の人材育成、組織活性化の研修を行い、5万人以上の人材教育に携わる教育のプロフェッショナル。

「褒め方・叱り方」の専門家としてテレビ、新聞、雑誌に多数取り上げられている。


2006年株式会社ミュゼ設立。
2016年、潜在意識と子育ての関係をまとめたオリジナルメソッドを構築し、一般社団法人子ども未来がっこうを設立。

“潜在意識を味方につけ子どもが本来持っている才能、可能性を引き出す究極の子育て法”を伝えている。
現在、認定講師が日本、海外で講座を開催し活躍し、これまで1000人以上の親子が受講。

その後、受験合格、優勝、成績アップなど、子どもたちの夢や目標がかなったという
うれしい知らせが絶えない。

著書
  • 『「ほめる・しかる」で部下を劇的に伸ばす!「20代男子」戦力化マニュアル』
  • 『叱り方ハンドブック』
  • 『部下がついてくる人、離れていく人の叱り方』
  • 『あたりまえだけどなかなかできない「叱り方のルール」』
  • 『なぜあの上司は若手の心を開くのか』
  • 『潜在意識が子どもの才能を伸ばす』

メディア出演
  • ホンマでっかTV(フジテレビ)
  • 新・情報7DAYSニュースキャスター(TBS)
  • グッドイブニングニュース(NHK)
他、新聞、雑誌など多数